La Serendipita の独り言 2015

La Serendipita Olio Extra Vergine D'Oliva昨年 (2014年) より Chianti Classico の老舗ワイナリー Vignavecchia の搾りたてエクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルのオンライン販売を開始した。お陰様で多くのお客様に好評を頂き、早々に完売の運びとなった。

イタリアと日本の往復生活は 10 年目を迎えようとしている。外資系 IT 企業の会社員から一転、ジュエリーの勉強でイタリアはフィレンツェに留学。最初は何のツテもなくたったひとり、本当によくぞここまで忍耐強く、諦めず通い続けた事かと我ながら感心したりする。現在はささやかながら自身のジュエリーブランド Frangipani (フランジパーニ) を立ち上げ、フィレンツェの老舗工房のマエストロと一緒にオーダーメイドジュエリーのご提案をしている。

La Serendipita Olio Extra Vergine D'Oliva毎回 1, 2 ヶ月フィレンツェに滞在すると、”旅行” や “出張” というより、”生活” するに近い。買い物は Coop なのか Esselunga なのか、はたまた Centro の Conard なのか、バスは何番に乗る、それは便が沢山在るのか、それとも1時間に1本なのか。ご近所で行くバール、Centro に出かけた時に使うバール、ランチ難民になった時に頼みのケバブ屋のインディアンメニューとか、歩き疲れた時に必ず立ち寄るジェラテリア (重要!) 、朝のウォーキングのルートは、とか、どうしても住む場所に密着した生活のパターンが出来上がってしまう。フィレンツェに行く度に新しいお店やレストランを発見したりするけれど、結局いつもの場所、ロカーレに通ってしまう。

La Serendipita Olio Extra Vergine D'Oliva, Italia

イタリア生活の中で 1 番の楽しみは食べること!イタリアの古き良き時代を生きてきたジュエリーのマエストロや奥様、その周辺のシニアな方々にフィレンツェでのグルメないろはの徹底指導を受けたわたくし。あの食材を買うならこことか、あの八百屋の野菜が美味しいとか、もちろん料理の仕方もうるさいのだ。朝食用のパスト (甘いパン) を買うならこことか、ありとあらゆるフィレンツェの migliori (ご贔屓) にわたくしも倣っている。

イタリアの食にオリーヴオイルは欠かせないものだが、特に 11 月頃から出回る “搾りたてのエクストラ・ヴァージン・オリーヴオイル” はイタリア人がお祭り騒ぎするほどワクワクと待ちにまった愛しの食材で、わたくしにとってもその出会いは、その後の食生活とイタリアとの関わりに転機とも言える大きなインパクトを与える出来事となった。

La Serendipita Olio Extra Vergine D'Oliva

マエストロ所有のキャンティにほど近い Antella の広大な土地に自生するオリーヴ。毎年収穫の時期になると人にお願いして家族や友人、知人が向こう 1 年間使うだけのオイルを搾ってもらう。わたくしも毎年そのお零れを日本に送って貰っていたのだが、青々としたフレッシュなアロマ、舌にビリビリする辛味、オイルというよりはオリーヴのジュース、パンにつけて味見したらこれまでの人生で一度も味わった事のない衝撃と感動を覚える。その辺のスーパーで普通に美味しいと思って買っていたオリーヴオイルとは全く別次元の食べ物だった。

日本に送って貰ったマエストロの搾りたてオリーヴオイルを、わたくしの周辺の人々にも “ビックリするほど美味しいよ” と言って小さな小瓶に詰めて配っていたところ、毎年ファンが増えてきて遂には郵便小包では間に合わない程のご所望を受けるまでになった。

La Serendipita Olio Extra Vergine D'Olivaそんな事でまたしても一念発起、食品輸入知識ゼロから正式にオリーヴオイルを販売すべく昨年から準備を始め、年末に皆様に無事お届けする事が出来た。新たなオリーヴオイルのつくり手探しも最後の最後で素晴らしいご縁に恵まれた。これはひとえにフィレンツェで今までコツコツと積み重ねてきた “人” との関わり合いに因るもの、わたくしのイタリアでの全て、財産である。

La Serendipita でトスカーナのエクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルを扱うのは、そんなフィレンツェ生活から派生したごく自然の成り行きである。世界中で生産されているオリーヴオイルを体系的にとらまえ、アカデミックなテイスティングにテイスティングを重ねた結果選び抜いたものではないし、今はその事に注力していない。

La Serendipita Okio Extra Vergine D'Oliva, ItaliaVignavecchia のエクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルは、つくり手のこだわり故の贅沢な味わい、少量生産でワイナリー以外に市販はされていない。この極上のオリーヴオイルは現地イタリア人でもなかなか味わう事の出来ない希少なもの。そのオイルを皆様にご紹介できる事を大変嬉しく幸運な事と思っている。

11 月の収穫で搾ったフレッシュオイルを瓶詰め直後に日本に空輸、美味しさそのままに日本のお客様にお届けしている。オリーヴオイルは特に光や温度上昇により劣化が進む。11月は日本に輸入するには最適な時期で、ワイナリーからマルペンサの道中も、入国してから国内の道中も温度上昇の影響を受けづらいと考えられる。また当方の保管場所も光が一切差し込まず、温度変化にも乏しい地下倉庫だ。瓶詰めしてから半年以上経過した現在も、ボトルを開ける毎にフレッシュなアロマ、ピリピリした辛味もしっかり健在で、かつ豊潤なまろやかさが加わりオイルの品格すら感じる。

La Serendipita Olio extra Vergine D'Olivaこのオイルのクオリティを維持したままお客様にお届けするには店頭販売よりオンライン販売の方が適しているのではと考える。お客様にはご面倒でも必要な分をまとめてご購入いただく事をお勧めする。ご希望によってはオリーヴオイルセラーとして当方で保管させていただく事も可能だ。今後もお客様のフィードバックを伺いながら最善策を考えていきたい。

2015 年も 10 月からフィレンツェに滞在し、搾りたてオリーヴオイルの仕入を行う。今回はワイナリーで葡萄の収穫、オリーヴの収穫もお手伝いしてみたい。生産の現場やそこで働く人々と接する事で商品の理解を深め、お客様にもっと楽しく興味深いご説明が出来ればと思っている。

La Serendipita で扱うオリーヴオイルを “ご贔屓” くださるお客様に次回も美味しいオイルをお届けしたく、ぜひ楽しみにしてくださるよう心からお願いする次第である。

2015年6月
La Serendipita オリーヴオイルのオンラインショップ
Frangipani 代表 加藤真理